2008年02月03日

課外活動で忙しい 笑

朝、ブラインドの隙間から部屋の窓の外の木に白いものが積もってて『 ?! 』。
急遽、布団の中にもぐりこんで、冬眠しました。


金曜日はアカネズミの剥製に挑戦♪
修士始めてから、野生のカワウとネズミの解剖が出来るようになりました。笑
いやぁ、ホルマリン漬けのヤツよりいいですね。
いつものおっちょこちょいで、片足なかったり、口がなぜか二つできたりしましたが、なかなか楽しかったです。
家に持って帰ると、親に勘当されかねないので、研究室に保管。


そして土曜日は陶芸のワークショップ。
アメリカ在住、オランダ人のスワニカ・リヒテンバーグによる『Horse hair firing』を体験。
午前中はろくろ回し。A-24という粗目(砂)の入った白い土で小鉢etc.をいくつか。
午後はひたすら horse hair firing. 素焼きしたセラミック(前もって作っていた)を700℃の釜で熱し、馬の毛(尻尾の抜け毛)を焼き当てて模様を作るというテクニック:

200802021335000.jpg
あついので、トングで引き上げる

200802021335001.jpg
ティッシュの上に乗せて燃やすことで、壺に灰色の影えを作る


馬の毛のほか、砂糖 や 霧吹きで ferric chloride(銅)もふりかける。


200802021336000.jpg


砂糖は黒く焼け焦げ、ところどころ銀色に。
銅は最初赤茶だが、数日するとよりやわらかい色に変色するらしい。


200802021446001.jpg
みんなの作品

200802021606000.jpg
↑できた四作品



釉薬を塗っていないので、実用的ではないのですが、ドライプレートに。(どうせなら、観賞用の壺でも良かったかな?)
色が変わり始めていますが、最終的にどんな模様になるのかが楽しみです♪


posted by T.Olivia at 22:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 陶芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月13日

至福の土曜日

世間では『華の金曜日』といわれているけれど、最近は『ハナドン』(半ドンじゃないよ笑)です。


陶芸を9月に再開してから、第一作目が焼きあがりました♪
ごらんあれ〜:

bowls1.jpg
全6椀

bowls2.jpg
渋い色合いが最高。2種類のglazeを使いました。

bowls4.jpg
裏。ろうを垂らして、釉(glaze)に模様をつけました(ろうをたらした部分に釉がかからず、焼け落ちて素焼きの状態になる)。久しぶりに『あし』を削ったので、ちょいとヘタクソです。笑

bowls3.jpg
今回のお気に入りかな?2色が混ざり合わさった感じがいいです。

bowls5.jpg
研究室のデスクに飾っています。笑


月曜日にいくらパーティーするので、さっそく使ってみたいと思います☆



今日は、先週押し草したお椀とお皿のあしつけ、そして扇形のお皿を型から作りました。扇皿にはおこぜのsilk screenをしたり、筆で模様入れたり、ちょっとデザインがうるさめのお皿です。かわいいから自分で使いたい、えへ。

なんかリクエストあったら作りますんで、教えてください。
(誕生日プレゼントとかはこれから陶芸品にしよっかな)
posted by T.Olivia at 14:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 陶芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。