2007年09月29日

試行錯誤

涼しいと研究室での作業がはかどるな〜笑
(とか言いながらブログ書くな!)

今朝はうっかり陶芸に行くのわすれちまった〜!もうやだ〜(悲しい顔)
日にちの間隔なくなってたからなー。
いかんいかん、こういう痛いミスは防がねば。


昨日から本格的に統計ソフトのRをちょこちょこ動かしています。
プログラムのランニング環境が自分仕様じゃないと気がすまないタチなので、そこから始めてました。笑
だから昨日今日の進歩はあまり目覚しくない。。。

t-検定できるようにはなったよ!
こんな基本的なこと書いても笑われるだけかも知れないけど、とりあえず記録として流れをサラッと書いちゃいます:



@ Excelで検定したい表を.csvか.txtで保存

A Rで .csvなら『read.csv("ファイル名.csv")』、.txtなら『read.delim("ファイル名.txt")』とコマンドを入力し、ちゃんと表(データフレーム)が出るか確認。

B 以上をxに代入(x <- read.delim("ファイル名.txt")etc.)

C もとの表の比較している欄を別々のアルファベットに代入。

e.g.: a <- x$Apples (* "Apples"が欄名1)

   b <- x$Oranges (* "Oranges"が欄名2)

D aとbでt-検定を行う。

  e.g.:
      t.test(a, b, var.equal=T)
          これは Two-sample t-test, 二標本t検定

      t.test(a, b, var.equal=F)
          これは Welch's two sample t-test, 等分散を前提としない

      var.test(a, b)
          等分散かどうかをチェックする為のF検定

      wilcox.test(a, b)
          これは Wilcoxon rank sum test/Mann-Whitney U-test, 外れ値に強い non-parametric検定


(参考:『R-tips』 http://cse.naro.affrc.go.jp/takezawa/r-tips/r.html



ま、自分があとあとコマンド忘れたときにこれ見ようかな。笑

さてさて、本業に戻りましょう。大学前のパン屋のあんドーナッツメチャメチャうまかったんだけどわーい(嬉しい顔)


posted by T.Olivia at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 統計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。