2008年03月22日

出発前夜

もう寝ないと、正直ヤバイです。


生態学会から帰って来て、間髪入れずに調査地入り。
ここ3日間はどこへ?笑
なんか、生態学会まではのんびりしてたのに(ポスターで焦ってた同期を横目に)、帰ってきたらドタドタドタァーーーー!!!だもんね。
まぁ、なんとか間に合ったさ。
多分何かを忘れただろうけれど、まぁ、国内だし。



出発前夜の研究計画ミーティングをポスドクのY氏に時間を作っていただいて、しました。変化を遂げまくっている自分の研究を、普段聞いていない人に伝えるのはいつも緊張するけれど、今日は正直忙しすぎて、緊張する余裕がなかった。笑 そして、少しばかり成長したのかな?何も準備できていなくても、段々自分の研究を口頭で説明できるようになっていってる(これだけ外国語でできるようになったのは嬉しい)。さすが行動生態に詳しい先輩だけあって、とても有意義なアドバイスをもらえ、改めて視点や目的の確認ができて非常に楽しかった。『こういうデータにはこういう解析』というのがパッと出てくるあたり、勉強してきた人なんだなぁ〜、と改めて敬意。


調査は、時期的に増員しないと、多分間に合わないくらいなので、人が来たときの『方法論』をしっかりしないといけません。これが予備調査期間の最大の課題。繁殖はすぐソコなので、がんばります。


そして、長期間のフィールドワークなので、体調管理に細心の注意を払いたいところです。性選択を研究するあまり、自然選択されたら本末転倒でございます。絶滅しない程度にがんばんないとね♪



じゃ、研究室のみなさま、援護よろしく。


『女は度胸だ!』
(ラピュタより)


posted by T.Olivia at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 調査・Fieldwork | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック