2008年01月25日

ちょっとした楽しみ

今週ひとつ片付いた件があって、やっと楽しいことを考える余裕がでてきた自分。

荷物の少ない日に持って帰ろうと思いつつ、まだ研究室に飾ったままの新しいお友達:

binos.jpg


早く鳥見がしたいです♪



そして本日はM2の修論発表。1コ上の人たちの研究の集大成を次から次へと見れるという贅沢。教授らからの鋭い指摘が飛び交って、なかなか面白かったです。生態学の分野の広さ、考えの広さ、そして若さ故の甘さなどが印象的な一日でした。

当たり前なことだけれど、研究目的がなければ、研究デザインは生まれない。見たいものがなければ、見たいという努力は生まれない。どういう手順を組んだか、どういう方法でやったかより、なぜこれを見たいか、見る必要性があるかをはっきりさせた方が、科学の役目を果たすのではないか。だから、学生の間に学ばなければならないのは、問題提起の仕方なんじゃないかな〜。方法なんて、そのみちのプロに聞けば教わることは可能なんだし、むしろ『この研究をする意義』を自分で見出すことで、一人前の研究者を目指すことが重要な気がする。研究で食ってきたいんだったらね。

技は一夜で修得できても、考え方の一夜漬けはメッキが剥がれる!
だから考え方を修行しに毎日大学に行く!

最後は自分に言い聞かせてるだけでした。笑


posted by T.Olivia at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥ビア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。