2009年03月25日

調査開始

調査始まりました。いぇい!
まだひとりなんで、今日はのんびりできましたが、
これから新しい子たちが入ってくると思うと、
やることいっぱいだなぁ〜。

寒い宿舎でホッと一息やっとつけてるところですが、
ここに来るまでは壮絶な物語が展開されていました。笑



えこかっぷ
7:15集合というのに、集団寝坊をやらかしてしまい、6:50起床。
凄まじい速さで宿をあとにしました。笑
それでも間に合ったからすごい。

去年同様、予選ギリギリ通過で、ちゃんと決勝戦まで残りました☆
残念ながら優勝杯を持ち帰ることはできませんでしたが、
来年はカップ奪還を目指すことに。
これからはさぞかし厳しい練習になることでしょうが、
私は残念ながら練習にでれません。笑
(みんなこっちで練習しに来てよ)

ここでも出会いがありまして、
学会中喋る機会がなかった、TH大のH研とシマヘビの共同研究している
Y大の研究者と仲良くなりました。
懇親会出てればもうちょっと話せたのですが、残念。
メアド交換しました。
今大会は、英語喋れそうな人を積極的にナンパ(?)
しまくったのは良かったことだと思ってます。笑

K先輩の指令により、
マッチョなTさんのパツパツなレフェリーTシャツ姿をカメラにおさめました。
だいぶ笑えます。
豪快にコートの外に蹴り出すTさんをみて、くまこは
「Tさんは大きく蹴り出す役目?笑」

会場寒かったので、しばしコウモリダンゴしてました。
でも、人の鼻をふさぐのはやめましょう。息出来ません。

学会中集めてたLAWSONのシール20枚リラックマ皿ゲットしました。
サカイ先生のアンとも遊びました。
FCオーバー40の選手の体力の衰えが後半激しすぎて、なんだか泣けました。


卒業式
いろんな意味で、人生において最も長い一日のひとつだったかも。
まず、エコカップ会場から直行したにも関わらず、大学についたのは12:15AM。
電車無し。
しかたないので、始発で帰ることに。
が、研究室でパソコン開けたら、やることがたくさんあることに気づき、
つい3時頃まで起きたまんま。
当然、始発は逃すが、らっきーなことに一時間後ハッと起きて、
7時前には帰宅。
リビングで20分間死体となる。親心配する。

9:30には花屋で花束を拾い、
10:15頃に大学到着。
同期がいないのでひとりで花束搬送。
ガウンを借りにドーバー海峡渡る。
11:00過ぎに同期とY講堂に入ったものの(普通に列をカット)
会場からあぶれ出てしまい、廊下のソファでおしゃべり。
お互いがんばった、うんうん♪と言っているうちに、
常磐線停止で足止めくらった組が到着。
式が終わったらみんなで撮影大会。天気がもってほんに良かった。

学位授与式ではちゃんと学位をもらい、
専攻の記念撮影。
ガウンを他の人に貸してしまったら、
ノースリーブだったことに改めて気づかされ
コウモリダンゴを周りに要求。
研究室の同期と一緒に先生方への「センキュー!」をしにいったら
気を良くした教授が写真とりにいこー!モードに。
一通りみんなで写真とったら、
待たせてた親と一緒にやっと食事。
胃が突然のことにびっくりする。笑

帰ってきてすぐ祝賀会。
学生も先生方も、みんなホッとしたにこやかな表情で、円満に過ごす。
別の会議室で2次会。
移動の合間に研究室に戻ってたら、先輩たちにみつかり、
秘蔵のワインを飲んでしまう。うまい。
しかし、同期との最後の飲みなので、途中で抜け出す。
数々の同期旅行の写真をプロジェクターで映し、
酔っぱらった笑い声が轟く。
ここらへんで私は床の上で死亡。笑 限界にもほどがある。

某ビースト先輩に「カラオケイコー!」と拉致されそうになるが、
必死に終電で帰る。死んじゃう!
ビースト、哀しみの雄叫びをキャンパスのど真ん中で吠える。笑

この日の様々な感情については、後ほど別の記事に書きます。
今はとりあえず、「たのしかった〜!同期最高!みんなおめでとう!」
とだけ書いておきます。


調査地引っ越し
奇跡的に10時に起きる。兄弟とskypeする約束を果たす。
卒論でPCAを行うらしいが、解析が間に合ってないらしい。
PCA、ヤッタコトナイヨ。。。
とりあえず「うん、まぁ、がんばりたまへ!」と
テキトーなアドバイスでまとめてしまう。笑

おとなりから卒業祝いを頂いたので、
盛岡みやげとともに参上。
WBCを観戦中だったので、CMの合間にお礼。笑
イトコは野球のルールが全くわからないらしくて
バッターとピッチャー以外は自由参加だと思っていたらしい。爆笑

荷造りをこの日に始めたので、なかなか終わらない。
いろんなものを忘れる覚悟で、最低限のものだけ詰めた。
今年の準備のできてなさにはホント泣ける。
あたりまえだけど、疲労が蓄積して、運転するのを若干ためらう。
事故る自信満々でした。
でも、夕飯のジンギスカンに勇気をもらい、けっきょくがんばって引っ越す。
ETC割引がありがたい。
今年の家は、道が狭い住宅街で、一瞬迷った時はプチパニックに。
しかも、家の前の駐車が超難関で、
「これは絶対調査中に車削るな」と悟り、
車の修理代をどう確保するかを真剣に悩む。


調査初日
昨日の晩に「家、全然寒くないよー」と親に話したのだが、
朝ガクガクブルブルしながら起きる。
車内は暖房があるぞ、というモチベーションひとつで、調査に向かう。

今年はツバメの渡来が早く、初認は逃しました。
牛舎の方によると、初認は19日頃だったそうです。ふつーに東北にいましたさ。
先に調査に入ってた先輩の情報通り、去年最初に来てた2つがいがすでに定着、営巣準備。
メスの太り具合からすると、近日中に受精期に入りそう。
(このカンはよく当たる)
去年つけてた電線の番号とかを殆ど忘れていたので、要復習。
調査紙も作り直し。
今日は私もツバメもやや牽制気味。
早く仲良くやろうぜぃ。

不思議なことで、調査の手順や道のりはカラダがすんなり覚えててくれました。
去年は「来年は調査しにこないだろーなー」と思っていたのに、
けっきょく舞い戻ってきてしまった。
今年は変なプレッシャーがそれほど無いので、気ままにやってこうと思う。
忙しい何日かでしたが、
今朝のひとり調査は至福のひとときでした。
I'm so glad to be back.


posted by T.Olivia at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 調査・Fieldwork | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック