2008年08月16日

五輪ピック

最近スポーツ選手の活躍に元気をもらっている毎日です。

国の期待を背負って、誇りを持ってスポーツの祭典に参加する姿は、どの選手も輝かしい。
戦争し合っている国同士の選手も、表彰台の上ではお互いを認め合う仲間。
勝っても負けても、メダルがとれてもとれなくても、あの場にいたことにきっと意義があるのだろう。
人間って捨てたもんじゃないよなって、いつも思わせてくれる。


個人的には、柴田亜衣と塚田真希をすごく応援していたのだけど、アテネの様には行かなかった様だ。
柴田は活躍の姿が見れなかったのが残念で、塚田真希は、連覇できなくて泣いていた姿に心が痛んだ。
素人にとっちゃ、銀はすごいと思うんだけど、あの厳しい柔道の世界で金メダルを持ち帰れなかった悔しさを考えると、こっちまで悲しい。いや、そんなこと無いはずなのに。
柴田亜衣は不調だったらしいけれど、もう引退してしまうと前に読んだので、有終の美を飾れなかったのが悔やまれる。ホント大好きな選手なのになぁ。


北島は文句なしの最高の泳ぎ。かっこよすぎるよ!
ライバルが調整に失敗する中、しっかり4年越しの連覇を宣言通りに達成。どんだけすごいんだ。
100平で史上初の58秒台の世界新をたたき出し、世界中の競泳選手からレース後、敬意の握手。
怪物フェルプスとはまた違う強さが見れて、良かった。


意外に感動的だったのは女子体操個人のナスティア・リューキンの金メダル。
ジョンソンの人気の陰にいつも潜んでいた(といっても、シニアレベルに上がって4年足らずのうちに世界タイトルを6つ獲っている)存在だったが、見事彼女を抑えての優勝。
遺伝子の部分も大きいだろうが(お父さんは体操金メダリスト、お母さんは新体操の世界王者。。。どおりで動きが綺麗)、どちらかというと努力家な一面が人気を呼んでいた選手なので、大いに賞賛を述べたい。



オリンピックに刺激されて、今は自分もオリンピック気分で毎日作業♪
毎日頑張ることの大切さ、自分に妥協しない強さ、執念、精神力。アスリートに学ぶことは多いのです。
『切磋琢磨』をモットーに8月の後半をがんばります。


PSー米国vs.フランスの4x100自由形リレー決勝は一見の価値あり(できればNBC中継を)。 Jason Lezak 最高!


posted by T.Olivia at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック